同窓会 設立趣意書

 我が徳島文理小学校は、学校法人村崎学園の小学校として創立以来、33年目となり、本年3月で1621名の卒業生を数えるまでに至りました。そのような中、平成27年8月15日、学園創立120周年記念事業として、第1回徳島文理小学校ホームカミングデーが開催されました。三百名を越える卒業生が集い、懐かしい母校に戻ることができ、楽しい一時を過ごせました。

 その際に、同窓会組織がまだ正式に設立されていないということを耳にし、是非ともその設立を願う思いが強くなりました。実際に、参加者へのアンケート結果でも、約76%が、同窓会組織の設立を希望していました。

 また、一般的に公立小学校には同窓会という組織はありません。私立小学校においても、同窓会を設立しているところはそう多くはありません。しかし、伝統ある名門校には、同窓会が設立され活発な活動をしている場合が多いのです。私立の小学校に通う子供は、同年代の子供の中で、圧倒的に少ないと言え、貴重な存在でもあります。それだけに、私立の小学校、とりわけ徳島文理小学校で学び、卒業したという「絆」は、大きな意味があります。だからこそ、徳島文理小学校も、その実績からも同窓会組織が必要な時期であると思います。

 特に、小学校の同窓会は、まさに「竹馬の友」の集まりです。中高大学の同窓会とは一味も二味も違っており、文字通り心の交流の場そのものであります。卒業生が社会の荒波の中でもまれながらも頑張っている時、同窓会が心の支えとなる場になるとともに、同窓会の会員が互いに支え合う場ともなることを期待しています。

 このような気運が高まっている折、「徳島文理小学校同窓会」の組織を設立したいと思います。

                   平成28年 7月 9日
                         
                  徳島文理小学校同窓会設立発起人
                         亀 井 裕 人
                           戸 川 友 美
                         井 上   篤
                         髙 木 恵 理
                         辻   大 典
                         長 井 明 福(校長)