理事長からのメッセージ

 1895(明治28)年、学園創立者・村崎サイの『女も独り立ちが出来ねばならぬ』の信念のもと、本学はスタートし、現在の建学精神「自立協同」へと繋がっております。

 本学の建学精神「自立協同」を一言で申しますと、独り立ちするには協力が必要であり、「自立」と「協力」は切っても切り離せない関係であるということです。本学と児童のみなさん・保護者のみなさんとも「自立協同」の建学精神のもと、協力し合ってより良い徳島文理小学校を作り上げていくことを願っております。

 また、理事長として「安心・安全」な小学校生活を送ってもらいたいと考えています。「安心」とは、学力の充実・信頼できる教職員であり、「安全」とは耐震構造の校舎・徹底した防犯対策などが挙げられると思っております。  児童だけでなく、保護者の方々にも「安心・安全」を実感していただけるよう、日々努力しております。

 公立学校にはない、私立学校としての強みを充分に活かし、学力充実のみならず、規律規範の守れる児童が、いきいきとした学校生活を送ることができるよう、教職員一丸となって努力していく所存であります。

理事長 村崎 正人