入試説明会を開催いたします

本日10月26日(土)の入試説明会は、予定通り実施いたします。

日程  9:25までに受付を済ませてください。
    9:30 2F自由活動室に於いて、開会・日程説明
    9:35~10:05 各階校舎案内・授業参観
   10:10~11:00 4F大講義室に於いて、挨拶・入試説明・質疑応答・閉会

カテゴリー:未分類

荒天時の入試説明会について(10月25日現在)

入試説明会ご希望各位

      徳島文理小学校入試説明会について
                         徳島文理小学校校長  素水 節

 10月26日(土)午前7時の段階で、徳島・鳴門の「徳島市」あるいは「自分の住んでいる地域」に大雨・洪水・暴風等の警報が発令されているときは、26日(土)の説明会を中止し、11月2日(土)に延期いたします。日程は下記の通りです。

9:25までに受付を済ませてください。
9:30 2F自由活動質に於いて開会・日程説明
9:35~10:05 1F~4F校舎案内をかねて授業参観
10:10~11:00 4F大講義室に於いて、挨拶,入試説明,質疑応答,閉会

※10月26日(土)予定通り実施する場合は、当ホームページにてお知らせいたします。

カテゴリー:未分類

入試説明会のお知らせ

授業の見学、入試や学校生活についてのご質問にもお答えします。予約は不要です。どうぞお気軽にご参加下さい。

日時
10月26日(土)

場所
徳島文理小学校 自由活動室(2F)

目的
平成26年度本校入試志願者に入学試験について具体的に紹介する。

日程
9:25までに受付を済ませて下さい。
9:30~開会・日程説明
9:35~10:05 授業参観・校舎案内
10:10~11:00 入試説明・質疑応答・閉会

カテゴリー:未分類

進学説明会でのご質問

先日は本校の進学説明会にお越しくださいまして、貴重なご意見やご感想をお寄せいただき大変ありがとうございました。
ご質問にあった事項に対しまして、簡単にお答えさせていただきます。

1,道徳教育にも重点がおかれていますか
道徳の時間の確保は各クラスとも行っています。机上での学習だけでなく、学級内(あるいは校内)で発生した機会を捉えた指導「生きた道徳」を必然的に行っています。
道徳教育の採集の目あてに向かって計画的、発展的に子ども達の実態に応じて授業の工夫をしています。
低学年では、あいさつなどの基本的な生活習慣、社会生活上のきまりを身につけ、善悪を判断し、人間としてしてはならないことをしないこと。
中学年では、集団や社会のきまりを守り、身近な人々と協力し助け合う態度を身につけること。
高学年では、法やきまりの意義を理解すること。相手の立場を理解し、支え合う態度を身につけること。集団における役割と責任を果たすこと。国家・社会の一員として自覚を持つこと。

2,学力のつけ方について(家庭でのサポートについて)
お子様をよりよく育てていくためには、学校と家庭とが車の両輪のようにお互いにバランスをとり協力し合うことが肝要です。
○小学校教育において基礎となる力は次のようにして育ちます。
・本をしっかり読むことを通して読み取る力が育ちます。
・感じたことを記録することを通して書く力が育ちます。
・繰り返し学習することによって漢字力や計算力が身につきます。

○お子様が努力することのおもしろさに気付けば
・「宿題だから取り組む」から「自分のために学習する」へと意識がかわります。
ちなみに、
・本校では「宿題」という言葉は使っておりません。
「課題・自主学習」を家庭学習としております。
”宿題”は人(教師)から与えられたものというイメージが強いですが、
”課題”は、これをしておかなければ自分が困る。自分がよくならないとの思いで自分自身に課した勉強ととらえさせています。

○家庭でのサポートは下記に示す段階をご参考になさってください。
・低学年: 課題を中心に与える。
保護者には、やったことを確認してもらう。
・中学年: 学習の例を与えながら自主学習にも取り組ませる。
保護者には、見守ることも意識し始めてもらう。
・高学年: 自らの課題を決め、見通しを立てて自主学習をさせる。
保護者には、手を離しても目は離さないようにしてもらう。

3,小学校入学までに必要な就学準備について(詳細は1月の入学説明会に於いて)
○健康・交通安全について
・健康診断を受けて、悪いところがあれば治しておく。
・通学路を実際に体験させて練習しておく。(基本的な交通ルール)
○基本的な生活習慣をつける
・早寝早起き朝ごはん ・排便排尿 ・洗顔 ・手洗い ・食後の歯磨き
・食事は25分以内で ・スプーン、箸の正しい持ち方 ・衣服の着脱
・靴のはき方(左右) ・名前を呼ばれたら「はい」と返事ができる
・自分の名前が読める。また筆順に注意してひらがなで名前が書ける。
○親子で読書タイムを持つ
・本を読み聞かせる ・親子で本を読む ・感じたことを話し合う

4,教育内容、授業内容、勉強の質と量 公立学校とのちがいについて
公立教育課程プラス(6年間で1000時間多いので7年間に相当する)
○独自のカリキュラム編成
・6日制
・補習(国・算) 週2回ずつ 3年以上
・6年7校時目の補習 文理中学に向けて進学指導(130時間)
・教科書+文理補充教材、補習テキスト、問題集、プリント、ドリル
・文理タイム ・かがやき学習: 基礎基本の習得 補国・補算
得意分野を伸ばす
・英語教育: 1~6年週2時間 6年間で420時間
・情報教育: 1~6年 年間9時間
・読書教育  ・親子読書会 1~3年
・ロング・ショートの読書タイム
・「これだけは読もう20冊」各学年の課題図書読破
・低・中・高の図書室を活用して本に親しむ。
・教育課程外 ・伝統文化(全校茶会、藍染め体験、百人一首大会、四季の歌、
古文、漢文、古典、論語等)
・各学年の校外学習
・5,6年の遷都旅行(雅楽体験)
・一味会(音楽、英語劇の発表)

5,津波対策について
一次避難 机の下へ→校庭の駐車場
二次避難 4階へ 5年と2年、6年と1年、4年と3年がペアとなって
下学年をはさむ形で決められた教室へ
※地震発生後、津波までの時間があれば文理中学・高等学校へ

6,外での遊びについて
毎朝登校してから朝の活動が始まるまでの時間および業間タイムと昼休み時間には、広い運動場で元気に遊んでいます。遊具、一輪車、竹馬、鉄棒、サッカー、バスケット等を利用。
冬季には、なわとびのほか耐寒訓練にそなえて運動場のコースを走っています。

7,大学進学指導について(中間層の)
文理中・高では、個人の目標(希望する大学)を尊重しながら個に応じた進学指導をしています。(詳細は文理中高におたずね下さい。)

ご意見・ご感想から
・実際の環境を見て大変参考になり、子ども達の普段の姿を見ることができて良かった。
・文理小のよさをあまり知らなかったが、通わせた方が良いと、説明会に来て思った。

カテゴリー:未分類

もうすぐ進学説明会です

徳島文理小学校では6月8日(土)に進学説明会を行います。

 
 学校の施設や授業の雰囲気はどうなんだろう?

 入試のことについて質問があるのだけど・・

など、普段見たり聞いたりできないことを、ゆっくりと見ていただき
質問も承ります。
少しでも本校の教育に感心がある方は、ぜひ進学説明会に足を
お運びいただき徳島文理小学校を体感してみてください。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

カテゴリー:未分類

「とくしま教育の日」について

「とくしま教育の日」とは、県民の皆さんが教育について考え、理解を深
めていただく日です。徳島県では、教育の充実と発展の契機となるよ
う、県条例により、11月1日を「とくしま教育の日」と定めています。

県教育委員会では、市町村、学校、教育機関や民間団体との連携・協
力のもと、11月1日~7日の「とくしま教育週間」を中心とした時期に、
教育の振興にふさわしい事業を実施しています。

カテゴリー:未分類

進学説明会であったご質問についてのお知らせ

1.「子ども達は学校を楽しいと思っていますか」について
 平成23年度に、全児童に対し、学習や生活に関する項目のアンケートをとりました結果94%の児童が「楽しい」と
 答えています。
 事後指導として6%の児童に対する原因と理由を把握した上で、個別指導と継続観察により温かく見守っています。

2.「震災時の対応と災害対策」について
 ・状況によって4階の教室へ、時には屋上へ避難します。
  二次災害までの時間的余裕があれば文理中高へ避難。
  保護者に引き渡すまでは学校で保護。
 ・子ども達は、“自分の身は自分で守る”ことをこころがけ、防災ヘルメットを各自が身近(机の横)に掛けています。
 ・教職員は常時 安全、安心、危機管理を心がけています。

3.「高い学力をつけるための取り組みと工夫の実際」について
 ①基礎学力の定着
  先ず読み、書き、計算の基礎基本は各学年毎に習得させる。
 ②文理補充教材
 ・各学年毎の補充教材により学習内容のより一層の充実を図る。
 ・国語科については、特に読解力をつけるための教材内容(物語文・説明文など)を精選して採り入れている。
 ・算数科については、3年生では4年の、4年生では5年の、6年生では6年と中学1年の一部教材を採り入れるなど先取り
  教育を行っている。
  6年生では、中学入試に向けての総合演習としての教材を採り入れている。
 ③本校独自カリキュラム(文理タイム・かがやき学習)
 ・補国・補算の時間
  3年生から難度の高いテキストを使い、国語では主に読解力、算数では文章題解決力を鍛える。
 ・常時指導
      国語の時間は常に「辞書や字典を片手に」習慣化。
  朝のドリルタイムでは、繰り返し漢字力・計算力を習熟。
 ・読書指導
  読みとる力(読解力)をつけると共に、読書感想文を書くことを通して作文力をつける。また教科の中でも適宜行う。
  ショートとロングの読書タイムで読書力をつける(読書の習慣化)
 ・日記指導  
  1年生から6年生まで毎日日記を書くことを積み重ねて書く力をつける。
 ・情報の時間
  各学級とも年間9時間を設定。低・中・高学年の目標に向かって学習をすすめている。
 ・6年間で7年間分の授業時数を習得
  6年間で約1000時間(公立小学校の1年間分の授業時間数)多くの時間を学習。

4.図書室の充実
 ・低・中・高学年の3つの図書室及び学級文庫があり、毎年約1500冊の図書購入によって蔵書は充実している。
 ・児童1人平均年間読書量は120~130冊(低学年200冊)
 ・各学年毎に「これだけは読もう20冊」の課題図書
 ・1年~3年生の読書入門期に「親子読書会」

5.「中学校入試に向けての進学指導」について
 ・1年から5年までの学力の上に6年生では文理中学校受験に向けて7校時目、夏休み、冬休みの補習授業を行う。
 ・テキストや文理中学校入試問題集を使って応用力、発展力をつける。
 ・放課後は各学年共必要に応じて個別指導を行っている。

6.「文理中高との連携」について
 ・定期的に連絡協議会をもち、個々の児童・生徒にあたって、情報交換をして、人間的、教育的成長に生かすよう
  努めています。

カテゴリー:未分類

放課後預かり教室についてのお知らせ(再更新)

放課後預かり教室に変更点がありますので、再更新いたします。

対象学年
1年生から3年生まで。(他の学年で希望する場合も可)

曜日
授業日の月曜日~金曜日まで。

終了時刻
各学級の終わり~午後6時まで。

内容
課題学習・読書 等

保護者負担金
月額 11,000円(おやつ代を含む)

長期休業日
土、日、祝、盆、年末を除く月曜日~金曜日までの
午前8時~午後6時まで。

カテゴリー:未分類

進学説明会のお知らせ

6月9日土曜日に進学説明会を行います。授業や施設設備の見学、入試や学校生活についてのご質問にもお答えします。どうぞ皆様お気軽にご参加ください。

開催日  
平成24年6月9日(土)

日程     
 9:20 ~ 受付
10:00 ~ 開会・日程説明
10:05 ~ 授業参観・校舎案内
10:30 ~ 挨拶・学校説明・入試について
11:20 ~ 質疑応答

開催場所
徳島文理小学校  2F自由活動室

カテゴリー:未分類