‘学校全体’ カテゴリーのアーカイブ

5年生 調理実習

DSC03295
12月12日(火)に、5年1組で調理実習でごはんを炊き、みそ汁を作りました。
みそ汁は、具材は大根、ねぎ、油揚げで、煮干しでだしをとりました。
ごはんは、ガラス鍋で炊きました。おうちでは炊飯器で炊くことが多いですが、
ガラス鍋で炊くことで沸騰している様子が見られて驚いていました。

DSC03318
できあがりをみんなで試食!
みそ汁では、だしの無い、みそを溶いただけのみそ汁と飲み比べをしたところ、
味が全く違うことにびっくり。だしの効いたうまみを一層味わいました。
だしを取った煮干しも、みそ汁の具材として食べました。
ごはんも、火加減が難しく焦げた班もありましたが、ふっくら炊けておいしかったです。

カテゴリー:学校全体

【校長先生のお話】出す力と合わせる力

 先週は、期末テストがありました。朝の時間や・20分休み・昼休みには、持久走や縄跳びに頑張る人が増えています。掃除や授業などでも、自分の力を発揮してくれています。

 さて、今日は、その自分の力について、お話ししたいと思います。自分の力について、私は、二つことを大切にしてもらいたいと思っています。
 まず一つは、「出す力」です。皆さんは、毎日、毎週、毎月、毎年のように、少しずつできないことができるようになり、分からないことが分かるようになっています。自分ではなかなか気付きにくいのですが、皆さん、一人一人が自分なりのすばらしい力をもっているのです。そのせっかくの力をしっかりと出していってほしいと思います。
 一つ一つの行事だけでなく、毎日の授業でもそうです。何でも、自分から進んで持っている力を出し惜しみすることなく、しっかりと出していきましょう。

 二つは、「合わせる力」です。みんなで力を合わせて、協力してがんばることです。一人ではなかなかできないことでも、みんなが力を合わせることによって、できることはたくさんになります。その時、自分だけでするのではなく、みんなとすることこと、つまり、力を合わせる仲閒を意識することが大切です。毎日の授業でも、同じことで、いろいろな考えや思いを出し合うことによって、正しい答えや結論に合わさるのです。先週、6年生がパネルディスカッションをしていました。一人ではできません。みんなで話し合うからこそ、よりよい考えになっていきます。

 この「出す力」と「合わせる力」の両方が、何事をするにしても大切になります。一人一人ががんばらないと、全体がよくなりません。また、全体がよくまとまっていないと、一人一人が輝いていきません。
 この二つの力は、村崎学園の建学精神である「自立と協同」にもつながることだとも、私は思っています。

 この二つの力に気をつけながら、学習したり生活したりしていきましょう。そうすれば、学校がもっともっと楽しく充実したものとなることでしょう。

カテゴリー:学校全体

歳末助け合い募金

s-DSC01870
この時期は毎年,代表委員会による歳末助け合い募金が行われています。本日は募金の最終日でした。お昼休みに代表委員会の6年生によって集計をしてもらうと,今年の合計金額は30301円でした。月曜日にNHKの歳末たすけあい募金に児童の代表が持って行きます。

カテゴリー:学校全体

避難訓練(火災)

本日2校時目に,校内火災を想定した避難訓練を行いました。
地震、風水害と同様に火災による災害も,いつ,どこで,どのような形で発生するか分かりません。
そんな中でも,わたしたちは自らの命を守る努力を続けなければなりません。
いつ襲ってくるか分からない災害に備えての避難訓練です。児童のみなさんは,一人一人がそうした思いをもって,真剣に避難訓練に取り組んでいました。
おはしもち(おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない・ちかづかない)という避難するときの基本を確認しながら,命とそれを守ることの大切さを学ぶことができました。

DSC03640

DSC03648

DSC03660

カテゴリー:学校全体

6年生 パネルディスカッション

DSC00193-1

6年生は、12月8日(金)に国語の学習「パネルディスカッションをしよう」をしました。
1組は「日本の伝統文化を守るためには」、2組は「限りある資源をどのように守っていけばいいか」をテーマに、発表や討論を行いました。お互いの意見を伝え合い、考えを深める良い機会となりました。

カテゴリー:学校全体

委員会活動

本校は、月初めに委員会活動があります。
委員会活動では、学校生活の向上、発展させるため、児童が自発的・自治的に学校内の自分たちの仕事をみつけ処理することにより、学校の一員としての自覚を一層高め、自主的・社会的な生活態度を身につけ、個性の伸張を図っています。

昨日の委員会活動では、6年生が卒業アルバム用の集合写真を撮りました。
残り少ない学校生活を充実したものにできるよう、委員会活動にも精を出して頑張ってほしいと思います。

DSC03627 DSC03625

カテゴリー:学校全体

【校長先生のお話】人権週間が始まります

 今日は12月4日ですが、この日から「人権週間」が始まります。
 低学年の人にとって、人権という言葉は難しいかもしれません。人権とは、
「世界中のだれもが、差別やいじめや仲間はずれのないように、安心して幸せに毎日を過ごすことができること」です。

  人間は、心の優しい思いやりをたくさん持っています。でも、人をうらんだり憎んだりする気持ちもあるのです。たいていは、強い気持ちで意地悪な気持ちを抑え込むことができますが、時々、悪い気持ちに負けて、友達に意地悪やいじめ・仲間はずれ・悪口をしてしまうことがあります。私は、いじめ・意地悪・仲間はずれ等は、人間として絶対にしてはならない事だと思います。また、そんなことを見ていても、知らんぷりをすることも卑怯な事だと思います。どんなことがあっても、そんなことをしない、許さない強い気持ちをの人になって欲しいと願っています。

 そのために、心がけて欲しいこと、三つ言います。
友達が元気がなかったり、困っていたら、やさしい言葉をかけたり、親切に行動しましょう。よいことをしていたら、みんなでほめましょう。人間はやさしくされたり助けられたりすると、うれしくなります。そんな風に、一つ目は、皆さんの心の中にある「やさしさ」や「あたたかさ」や「思いやり」を大切にしてください。
 二つ目は、相手をうんと大切に思うことです。大切な人として接し行動することだと思うのです。自分も相手も、みんなみんなすべて大切な人なんです。大切な人として考えていきましょう。この気持ちがあれば、いじめなんか絶対におきません。
 三つは、勇気をもつことです。これもなかなか難しいことかも知れません。自分が正しいと思う時は、堂々と言ってほしいものです。また、友達がいけないことや誰かをからかったり、いじめたりしていた時、知らん顔をするのではなく、勇気を出して注意して欲しいものです。それこそが、本当の友達というものですよね。

 こんなことを心がけていくと、徳島文理小学校はもっともっとすばらしい学校になっていくと思います。みんなで実行しましょう。

カテゴリー:学校全体