知ろう!木の仕事(3年)

10月5日(金)5・6時間目,3年生が木育教室「知ろう!木の仕事」を開催しました。
この日は,授業参観日となっていて,保護者の方にも見ていただきました。
木育とは,徳島の地場産業である木工や林業について学んでいこうとするものです。3年生は,ちょうど社会科で「仕事」について学習しています。スーパーなどの売る仕事,工場や田畑でものをつくる仕事など,具体的に調べまとめていきます。その一貫として,木を育てる林業の仕事,木を木材にする仕事,木材からいろいろな製品をつくる仕事など,一連の仕事について学び,体験としても,県産ヒノキで自分の「箸」をつくったり,木の粉をつかった「ぬりかべ」体験をしたりしました。積み木で倒れない積み方を遊びながら工夫しました。11名の専門の講師の方に方に来ていただき,貴重な学習ができました。講師の先生方,お世話になりました。

DSC04846
スギとヒノキの幼木を比べています。

 DSC04847
年輪を数えています。

DSC04852 DSC04860
初めて使う鉋(かんな)でおそるおそる削り,箸をつくりました。ザラザラだった木の表面がツルツルになりました。

DSC04819 DSC04842
木の粉を使った「ぬりかべ」体験をしました。コテも初めて使いましたが,難しかったです。

DSC02562 DSC02572
木の板を高く積み上げたり,丈夫な家を建てたりして楽しみました。

カテゴリー:学校全体