代表委員会で「6年生を送る会」について話し合いました。

本日、今月の代表委員会を開きました。今回は、3月4日(月)に実施する「6年生を送る会」についての計画作りです。
代表委員会は、児童会活動の中核として位置づけられています。自発的・自治的な活動として児童会活動を進めており、役割を分担し、協力して運営に当たることができるようにしています。
これまでは、6年生がまさに中心となっていましたが、今回は5年生が中心になります。
これまでお世話になった6年生に対して、在校生全員が心を一つにして、感謝の気持ちを込めて、会を計画・準備・運営していきます。その中で、5年生もしだいに「最高学年」としての意識も醸成していくことになります。
DSC06470

カテゴリー:学校全体

1年生 朝の朗読②

朝会で1年2組が朝の朗読を行いました。2組も前回の1組に引き続き、校長先生から教えていただいた「季節の詩歌」の発表をしました。2組は、秋、冬の俳句の中から子どもたちが選んだ5句を発表しました。初めは緊張していましたが、発表が始まると体育館中に元気の良い声がひびきわたりました。みんな胸を張って、しっかりと俳句を読み上げることができました。発表後は、「ほっとした。」「楽しかった。」「またやってみたい。」といろいろな感想が聞かれました。「季節の詩歌」の学習を通して、たくさんの俳句に出会うことができました。子どもたちが、これから四季折々の自然の美しさに気付き、それを自分の言葉で俳句にできたら良いなあと思いました。

DSC08452 DSC03039 DSC03041 DSC03042 DSC03044 DSC03046

カテゴリー:学校全体

【校長先生のお話】最後まで頑張る

 おとといの土曜日に行われました一味会、今年も、本当にすばらしい発表ができました。保護者の方々も、ご来賓の方々も、すばらしかったですと多くの皆さんが言ってくださいました。一味会という大きな行事をやり遂げた自分に、自信をもって、これからも頑張ってください。

 さて、今日は、2月18日です。この学年として学校に来る日数も限られるようになっています。約1ヶ月となりました。6年生は卒業式まで、3週間あまりとなっています。この限られた日数の中で、どのように過ごしていくかが、次の学年のスタートをうまくいくようにできるかどうかということにつながってきます。

 どのように過ごすかと言う時、おすすめとして、目当てや目標の振り返りをするとよいでしょう。まず、去年の4月、新しい学年になって、こんなふうにしよう、とか、こんなことをがんばろうという目当てを立てたと思います。それができているかどうか、振り返ってみてください。そして、今年のお正月に立てた目当てや誓いはどうなっているか、振り返ってみてください。
 この二つの振り返りだけでも、自分の頑張りがどの程度か分かるのではないでしょうか。もしも、できていないと言うことであれば、どうしてできていないのか、自分で考えることが大切です。そうすると、こうすれば良いのではないかという新しい考えができます。その考えにもとづいて実行していくのです。
 限られた時間しかないから、あきらめるのではなく、最後まで続けて頑張ることが、とても大切なのです。

 「仕上げが肝心」という言葉があります。「物事は、最後の頑張りで値打ちが決まる」という意味です。たとえ、それが仕上がらなかったとしても、最後まで頑張ったということは、とてもすばらしいことで、次に必ずつながります。

 みんなで、最後まで頑張りましょう。

カテゴリー:学校全体