【校長先生のお話】今年度最後の一つ一つに

 16日の一味会に続いて,先日の22日にむらさきホールで,保護者会のお世話で,音楽学部の皆さんが音楽会を開いてくれました。皆さんは,ずいぶんと楽しい時間を過ごすことができました。多くの方に感謝しなくてはなりません。

さて,今日は,2月25日です。ちょうど1年前の2月25日に,大きな大会が終わりました。覚えているでしょうか。分かりますか。
 1年前の2月25日に終わったのは,お隣の国,韓国で開催された冬季オリンピック・ピョンチャン大会でした。去年の今頃は,フィギュアスケートでの羽生結弦選手の金メダル,宇野昌磨選手の銀メダル,スピードスケートでの小平奈緒選手の金メダルなど,日本国中が盛り上がっていました。早くも1年が過ぎているのですね。
 次のオリンピックは,夏の大会として東京で開催されます。ちょうど1年と5ヶ月後,来年の7月24日の開会式です。また,その1ヶ月後の8月25日からはパラリンピックの開会式となっています。
 去年のことを考えると,東京オリンピックも,いつの間にか開催が近づいているのではないでしょうか。
 それぐらい,時間というのは,気がつけば過ぎてしまっていることがあります。何事も時間を大切にしていきましょう。これから学年末に向かって,今年度最後ということが続くと思います。早速,今週の水曜日には,今年度最後の委員会活動があります。金曜日には,学年末テストがあります。そのように,今年度最後の一つ一つ,心をこめていって欲しいと思います。それが,この学年のすばらしい思い出の一つ一つになっていくと思います。

カテゴリー:学校全体