3年ぶりの雪遊び

s-CIMG3599
3年ぶりの積雪に残念ながら最後の耐寒訓練は中止となりましたが、外に出た児童はこれ以上ないくらいの耐寒訓練になったのではないでしょうか。
カメラを構えた教師に向かって
「先生、雪ぶつけていい?」
とわざわざ断りをいれて雪玉を構える児童の姿に思わず吹き出しそうになりましたが、
「自分で判断してやって下さい。」
と答えると、
「はい、わかりました。」
さらににっこりとして雪玉をぶつけてきました。
カメラをそっとしまって雪合戦に興じたのはいうまでもありません。
s-CIMG3618

カテゴリー:学校全体

観劇

s-DSC02678

s-CIMG3566

劇団トマト座による「オズの魔法使い」を鑑賞しました。
いつもの体育館とは思えない物語の世界が広がり、生の迫力が存分に味わえました。
児童それぞれに夢見る力、生きる力を感じ取ってくれたものと思います。

劇の後の演劇教室では6年生4名が代表として舞台で参加しました。
「あいーあうあう」と言ってから「きゃりーぱみゅぱみゅ」と言えて喜ぶ児童の姿もありました。
腹式呼吸で先生を呼び、腹式呼吸で答える先生の姿に場がわきました。
この日の体験を一味会で生かして欲しいと願います。

カテゴリー:学校全体

ねこ救出

s-DSC02660
学校のフェンスに登ったまま降りられなくなったねこを発見! 警察官や消防士の方が力を合わせて救出してくださいました。子ども達も大変心配していましたが、無事に助かってよかったです。このねこを飼ってくださるという方も現れて一件落着です。

カテゴリー:学校全体

正月飾り

s-CIMG3638s-CIMG3639
お正月に松を飾るのは、年神様が降りてくる目印にし、しばらくとどまってもらうためのものです。唐の時代の中国で、長寿を意味する松を飾ったことから始まったそうです。日本でも平安時代に始まったようで、「徒然草」にもその記述がうかがえます。上座(向かって右)に女松を飾っていることから昔、女性を神性視していたのかもしれません。中央のしめ飾りは、ウラジロ・ユズリハ・ダイダイなどの縁起物であしらえています。
冬休みに学校にくる人は少ないので、見たことのある人は少ないかも知れませんね。

カテゴリー:学校全体

工場見学(3年)

「ものをつくるしごと」の学習として「水穂蒲鉾」の工場見学に行ってきました。
s-CIMG3608
↑蒲鉾専用の石臼で、さばいた魚をすり身にしている様子。
s-CIMG3598
↑蒲鉾に文字を書く体験の後、蒸して記念にいただきました。
s-CIMG3612
↑揚げ蒲鉾の製造の様子を見学。

その後、子どもたちは出荷の様子を見学し、会議室で様々な質問をして学習を深めました。

カテゴリー:学校全体

社会科見学(4年)

s-DSC01955

s-DSC01920

s-DSC02004
今日、4年生は西部環境センターと第十浄水場・西消防署の見学に行きました。普段から何気なく使用している水のでき方や、回収してくれたゴミがどうなるのか・消防士さんや救急士さんの苦労など、普段の生活ではあまり考えなかったことを1日かけてじっくりと学習することができました。教科書を読むだけでは、ぼんやりとしかイメージできなかった環境センターや浄水場もしっかりと見ることができました!

カテゴリー:学校全体

百人一首(4年生)

s-DSC01681
現在4年生は百人一首の学習に取り組んでいます。20種類ずつ順番に覚え、節目節目にはクラスを超えて百人一首の勝ち抜き戦を行っています。みんな練習には余念が無く、特に雨の日の休み時間には百人一首の歌があちらこちらから聞こえてきます。

カテゴリー:学校全体