令和元年10月26日 入試説明会アンケートへの回答

 先日は,本校令和2年度に向けた入試説明会を開催致しましたところ,多くの皆様にお越し頂き,誠にありがとうございました。また,当日は多数のアンケートにお答え頂き,重ねてお礼申し上げます。
 その際,お出し頂いたご質問について,次のように回答させて頂きます。

Q1:入試について,どのような内容でどの程度の学力が必要なのでしょうか。また,個々で勉強するとき,どのようにするのが望ましいのでしょうか。

    A:入試内容は,筆記テスト・全体活動・面接となっており,それらを総合的に考慮して判断しております。また,ペーパーテストでも満点をめざしていません。実際に,過去10年の平均正答率も60%台となっています。特別な準備と言うよりも,毎日の生活体験を豊かにすることが大切と考えています。文字を書くと言うこともテストにはありません。
     ご家族が毎日一定の時間(15分間ぐらい),本の読み聞かせをした後で,登場人物がそれぞれ何をしたのか等の内容を聞いてあげてください。いろいろな本を見ながら,ものの名前を覚えるのもおすすめします。鉛筆の正しい持ち方ができるかも見てあげて頂ければと思います。また,10までの数の操作ができるようにしてあげてください。

Q2:全体活動では,子どもがどんなことに注意すればよいでしょうか。

    A:落ち着いて相手の目を見てしっかり聞いているか,友達と仲良くルールを守って行動しているか,一つのことに真面目に取り組んでいるか等について気をつけてあげて頂ければと思います。

Q3:子どもの通学方法及びバス通は,どうなっているでしようか。

    A:通学距離や交通事情等により,その状況が異なりますので,各ご家庭でご判断頂くことになりますが,現状として,大まかに保護者による送迎5割,バス通3割,徒歩2割となっています。1年生からでも,バスや徒歩で通学している児童がたくさんいます。また,JRとバス併用する児童も,今年度数名おります。なお,低学年は,帰りにはバスの時刻に併せて停留所まで付き添っています。さらに,定期的に「バス通生の会」を開いて,全体指導しています。その際,高学年は低学年のお世話をするようにお話ししていますので,実際,学年を越えたあたたかい交流ができています。
     帰りについては,バス時刻表を考慮して放課をしています。朝については,8時15分までに登校をお願いしていますので,7時40分着のバスに一番多く乗車しているようです。

Q4:給食のアレルギー食は,どのようになっているでしようか。

    A:食物アレルギーは,症状によっては生命の危険につながる恐れがある疾患であり,学校給食における除去食やアナフィラキシー対応が求められています。学校で対応する基本方針としては,
    ①保護者との事前協議を行い,児童にとって安全・安心な給食とする。
    ②文部科学省「学校給食における食物アレルギー対応指針」に則り,医師の診断(学校 生活管理指導表)に基づいて対応する。
    ③医療機関・学校医等の専門的機関,及び給食 委託業者との連携を図り,対応する。
    としています。実際には,保護者の方とのご相談の上で,アレルギーへの対応をしております。詳細については,個別に,入学前にご相談させて頂きます。

Q5:保護者の学校行事や役員への参加はどうなっているでしょうか。

    A:授業参観日は,毎年,4月・5月・6月・10月・11月・1月の6回です。その上に,9月に運動会,2月に一味会(むらさきホールでの学習発表会)があります。さらに,個人懇談が,7月と12月の2回あります。
     本校の特色の一つである読書活動の推進について,1~3年生について,親子読書会を実施しています。
     また,主な学校行事については,前年度末に予定を配布させて頂きます。新1年生については,1月の入学前説明会で配布いたします。
     さらに本校では,PTA組織ではなく,保護者会組織となっており,公立学校のように各種会合は殆どありません。保護者会役員になられても,役員会は年間3回(土曜日の午前中)です。

Q6:預かり教室について,どのようになっていますか。

    A:本校では,「放課後預かり教室」を開設しております。1~4年生について,授業日の月曜日から金曜日に,放課後から午後6時30分まで,課題学習や読書をして,それが終われば知育遊び(レゴ・折り紙・オセロ・ブロック・カルタ等)をしています。また,長期休業中にも,土・日・祝日・お盆・年末年始を除いて,午前8時から午後6時30分まで実施しています。指導するには,本校教員と文理大学で教員を目指す学生があたります。夏休みには,徳島文理大学の先生方や学生さんのご協力による特別教室も開催しています。入学案内P15にも掲載しております。毎年,好評を頂いていますので,さらに,よりよい教室となるよう取り組んでいきたいと思います。

Q7:学習のフォロー・サポートは,どうなっているでしょうか。

    A:どの学年においても,普段の授業を充実することにより学力の定着を図っていきたいと取り組んでいます。その上で,毎月,国語・算数の月例テストを実施したり,毎学期はじめに実力テスト,学期のおわりにを期末・学年末テストを実施したりしています。
     ここで,基準点を設定し,再テスト・再々テストを行い,分からないことをそのままにしないようにしています。場合により,放課後に補充学習をすることもあります。
     学年があがるにつれて,家庭学習の量も増えてきます。それらをこなしていくことにより,学力の向上ができるようにしています。

Q8:困ったときの窓口は,どうなっていますか。

    A:基本的には,学級担任がご相談を受け付けております。あくまでも,お子様のことを中心に考え,学校と家庭が相互に協力関係を強め,よりよく対応していくように努めております。場合により,管理職が一緒に話し合うこともしております。さらには,中学校のスクールカウンセラーも調整した上で活用することも可能となっています。

Q9:パンフレットに載っていない費用面は,どうなっているでしょうか。

    A:まず,給食費については,1食410円で食べた食数分,必要です。次に,教材費等です。これについては,学年や時期により,かなりの違いがあるので一概には申し上げられないと思います。ただ,指導上に必要なテキスト・教具等もありますので,毎月の 学年便りでお知らせさせて頂いております。
    ※例として,今年度の1年生の集金額は,次のようになっています。
    4月-5500円 5月-6300円 6月-3000円 7月-2500円
    9月-3110円 10月-440円 11月-1800円
     教材の購入関係から,4・5月が高くなっています。これは,どの学年も同じです。
     さらに,5年生の奈良社会見学旅行(1泊2日)と6年生の修学旅行(2泊3日)の費用については,1年生で説明があり,1年生末から4000円×34回の積み立てか,一括払いか選択としていただくことになっています。これにより,2つの旅行がカバーできることになっています。

カテゴリー:未分類