【校長先生のお話】季節は夏から秋へ そして運動会

 最近、朝夕が涼しくなってきましたが、日中は、まだまだ暑さが残っているように思います。蒸し暑さもあるので、まだ熱中症にも気をつけましょう。
 さて、「二百十日」「二百二十日日」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。実は、今日が、「二百二十日」という日なのです。「二百十日」と同じように、立春の日から数えての日です。昔から、「二百十日」も「二百二十日」も、農家の人たちにとっては、厄日、こまったことが起こる日とされていました。何がこまるかと言えば、台風がよくくる季節で、大雨や風の被害がおこりやすいと言われていたからです。現に、日本の南の太平洋上に、今、台風18号が西に向かって進んでいます。今後の台風の動きにも注意しなくてはならないと思います。
 いずれにしても、季節は、確実に夏から秋へと進んでいます。真夏のように、ぎらぎらとした暑さは、もうありません。本当に、朝夕は過ごしやすくなっています。

 そうした中、いよいよ今年の運動会も、今度の日曜日になりました。全体練習やそれぞれの練習を見ていると、どの学年もしっかりと練習が出来ていて、すばらしい演技が出来ているようです。あと少しの練習となりましたが、最後までがんばっていきましょう。
 その時に、心がけて欲しいことが2つあります。

 1つ、自分や友達の安全に気を付けていくことです。楽しい思い出をつくるはずが、怪我をしたのでは困ったことになります。自分だけでなく、友達もみんな安全に活動できるように気をつけていきましょう。気持ちが運動会に向いてしまい、うきうき気分で廊下を走る人も見られています。落ち着いて行動しましょう。
 2つ、みんなで力を合わせていくことです。綱引きなどの団体種目をしても、何をするにしても、みんなが協力して、力を合わせていくことが大切です。合わせられると、その分、思い出もより良いものとなります。中には、困っている人を見ると、さっと手助けできている人を見かけます。すばらしいことです。

 最後まで、しっかりと練習と準備をしていきましょう。そして、みんなの力ですばらしい運動会にしていきましょう。

カテゴリー:学校全体